検査機器のご案内

千葉北眼科では、よりよい診療をおこなうため、最新の機器を導入しています。

院内で使用する検査・測定・治療機器のご紹介です。

検査機器
トノレフ
スリットランプ
スリットランプ
OCT
OCTスキャナー
千葉北眼科 視力計
視力検査エリア
眼底カメラ
眼底カメラ
視野計
視野計 (暗室内)

導入機器


眼部観察機器

スリットランプ

 

眼の表面から内面の眼底までの様子を立体的に観察します。


◆眼圧測定

トノレフ

 

眼圧と眼の屈折を正しく測定し、緑内障や屈折異常の有無の検査を行う機械です。


視力測定機器

スペースセービング

チャート

裸眼の状態と視力矯正した状態での視力を測定します。



光干渉断層計

OCTスキャナー

 

網膜の断面図を描き出す機械です。高画質の断層画像が3Dで得られ、ミクロン単位の微細な変化を診断することで、小さな異常の早期発見も可能になります。


眼底検査機器

2D/3D

無散瞳眼底カメラ

眼の奥の眼底写真を撮影するカメラです。緑内障や網膜疾患、眼底出血などの診断・検査に使用します。


角膜内皮測定器

スペキュラー

マイクロスコープ

角膜の内側にある角膜内皮細胞の数と細胞の形を観察測定する装置です。健康な目の場合、細胞の形はきれいな六角形ですが。眼の異常、加齢やコンタクトレンズの装用により、細胞の数は減少したり形が悪くなるといわれています。



視野検査機器

自動視野計

 

視野とはある一点を見た時に周囲に見える視界の広さの事を言います。自動で視野を調べ検査結果を数値化して記録します。緑内障の診療・検査に有効です。



千葉北眼科のホームページへお越し頂きましてありがとうございます。

眼に関する事でお困りの方、ぜひご来院をお待ちしております。

診療内容のご案内をしております。

平日はお昼休みを設けずに診察しております。

院内の様子をご紹介しています。

クリニックの雰囲気など、写真でご覧ください。

当院への交通アクセスをご案内しています。

駐車場も完備しておりますのでお車でも安心してご来院ください。